読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

perlをはじめてみる。

覚え書きの意味も込めて、小さなことからコツコツと書いてみる。
まず、環境。
===============
Linux Fedora12
perl 5.10.x〜
apache 2.x(CGIで利用予定)
エディタはもちろんvim
windows7からTeraTermを利用。
===============
Linuxの環境を持ってなくてどうすればいいかわからない方は、
windowsでもActivePerlを利用すれば使える。
Macでも使えるらしい。
もっともMacはUNIXベースになってからは使えないわけがないと思うが。

ということでプラットフォームを気にする必要はなさそうだ。

ここから本番。
whichコマンドでperl絶対パスを調べる。

調べ終わったら下記からがソース
>>>>>>>>>>>>>>
#!/usr/bin/perl
use struct;
use warnings;
>>>>>>>>>>>>>>
この3行は、必須。(1行目は環境に応じて変更すること)
2行目3行目は、構文のチェックと推奨されている書き方になっているかチェックする。